大学時代のラグビーが人生の転機に

人間には誰でも大きな人生の転機があると思います。私もいくつかの大きな転機がありましたが、その中でも思い出深い1つの転機を最後にご紹介します。

私は中学から付属校に通い、そこでラグビーを始めました。全国大会に出場できるほどの学校ではありませんでしたが、高校1年の春からレギュラーになった私は大学でも迷うことなく体育会ラグビー部に入部しました。大学では毎年日本一を争う強豪校でしたが、自分がレギュラーになることを疑わずに入部しました。

当時の部員は160人ほどで、毎年何人かのスポーツ推薦の学生も入部します。練習は誰にも負けないほどしたつもりでしたが、結果一度も公式戦には出場することはできませんでした。

大学選手権の決勝でチームは負け、観客席で応援していた私の大学ラグビー部生活は終わりを告げました。普段は感情を表に出さない私でしたが、その日は人生の99%の涙を流したと思えるほど泣きました。涙を出し切った後に、ほとんどラグビーだけに費やした4年間を振り返り私は思いました。

「私はこの4年間でたくさんのことを教わった。しかし、私はこのチームに何を与えることができたのだろう?私がいてもいなくてもこのチームは世の中に注目されただろうし、今日この日に国立競技場で大学選手権の決勝を戦っていただろう。」
「今まではアマチュアの学生スポーツの世界だから許されたことであり、社会人になったらこんな思いはしたくない。」

会長の相続対策の担当に抜擢

私は卒業後に業界最大手の損害保険会社に入社しました。単体で12,000人、グループでは2万人近い社員がいた会社でしたが、何とかそこで自分の価値を認められるようになりたいとずっと思って日々の業務や言動を行っていました。

経過は省きますが、30歳の時に自分の願いが一部叶います。ある日突然、平社員の私が会長室に呼ばれました。不安の中で会長室に入った私に、秘書から次のように言われます。
「あなたはずいぶん相続に詳しいらしいね。会長の相続対策の担当をお願いします。」
つまり、数ある社員の中で、相続対策については私が社内で一番詳しいと認められたのです。

入社から8年で、「企業の中で自分の価値を出す。」という目標が多少なりとも叶いました。そうなると次の目標は、「もっと広い世の中で自分の価値を出す。」ということになりました。

組織の中にいると自分の立ち位置が見えるため、目標を立てることも、その目標の達成度合いを測ることも比較的わかりやすいと思います。しかし、もっと広い世界に目を向けると優秀な経営者や知識人は数多くいますし、自分がその方々を超えられると、当時も今も思えません。
ただ、別にその方々を超える必要があるわけでもないので、今は自分ができることを精一杯やっていこうと考えています。

私の人生のポリシーは「筋を通した言動」をし続けることです。
お世話になった方々、お客様、友人、家族への「筋」を忘れることなく、業務に邁進していく所存です。

長文をご精読頂きましたことを心から感謝申し上げます。